【橋本武賢 公式ブログ】ファンを生み出す幸せな繁盛店の作り方

店名を変えただけで取材が来る秘密

この記事は2分で読めます

今日は、セールス(販売)において

とっても大事な原則をお話します。

 

これを理解すれば、

商品は変わらずとも、メニューの作り方1つで

注文される商品が増え、単価は格段に上がります。

 

Facebookやチラシなど販促の反応率も上がりますし、

店名に活かすこともできます。

 

実際に私のクライアントには、

店名を変えただけで取材来たというのは結構多いです。

 

こちらの写真は、神奈川県にあるNOCメンバーのお店。

最近店名を変えたことで取材が舞い込んだ時の様子です。

12814185_901241579992622_8949959941025307569_n

 

 

このお店がどんなポイントを意識して店名を変えたのか。

それは・・・

 

お客さんを知る
  

ということです。


ターゲットであるお客さんが

興味を持ってくれそうな名前に変更したのです。 

 

ただ、それだけです。

 

よく、イタリアンレストランだと

トラットリア◯◯とか、

イタリアンバール◯◯とか、

イタリアンレストラン◯◯みたいな

横文字で名前をつけますよね。

 

もちろん、それも悪く無いんですが、

お客さん目線で考えれば、

それだと店名を見ただけではそのお店のウリやこだわりが分かりません。

 

だから、お店の前を通っても、

看板を見ても、なかなか興味を持ってもらえないですし、

認知度もなかなか上がりません。


コピーライティングなど販促の作り方を勉強していると
「これをやれば売れるんだ」
「この言葉で人は買うんだな」
というテクニックに陥ります。
 
しかし、結局買うのはお客さんです。
お客さんが財布を開くときは
「この商品いいかも!」って思ったとき。
 
だからターゲットとするお客さんのことを知る必要があります。

 

若い人か年配の人か。

男性か女性か。

OLさんか、主婦なのか。

 

お客さんによって、

響く言葉は違いますよね。


だから、ターゲットとするお客さんに合った

アピールをする必要があります。
 


例えば私がやっている飲食店コンサル。
赤字の人にはV字回復しましょうで
黒字の人にはさらに利益が出ますよとか
取りこぼしている利益がありますよで売れます。
 
飲食店やってない人にだって売れます。
 
飲食店をやるとこういうメリットがあるんだよ、
例えば相手が社長なら「みんなに自慢できますよ」
相手がサラリーマンなら「独立して自由になれますよ」
みたいな切り口で売れるわけです。

 
飲食店コンサルに興味がある人は
ほんの一握りの人たちです。
 
それに対して飲食業が扱うのは食べ物。
「食べ物」は本能に訴えかけるから
多くの人に興味があります。
 
売れないわけがない。
あなたが本当にいいものを扱っているなら
売れないわけがないんです。
 
ただし、お客さんに合わせてアピールしましょう。
これが「ターゲット設定」ということです。
 

あなたのターゲットとするお客さんは、

どんな価値を求めていますか?

どんなサービスを求めていますか?

 

それをメニューブックや販促物、店名などに含めてみてください。

反応が圧倒的に変わりますよ。

 

 

ではまた。ばいちゃ!
 
花粉症がすごいです!
目がシパシパ、鼻がぐすんぐすん。
でも今日も元気に生きます(笑)
  

追伸:
新章スタートしました。
まだ受け取ってない人はぜひ受け取っておいて下さい。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UmIRnMqxk

 

メールマガジンで最新情報をいち早くお届け!





運営者プロフィール

 

20150523seminar-037-300x300橋本 武賢(はしもとたけさと)

飲食店経験ゼロから6年で4店舗年商2億円を作り上げる。

そのどれもが月商400万円〜800万円を越える超繁盛店に。

現在は現場を離れ、店舗コンサルティングを中心に活動している。

あわせて読みたい

  1. IMG_9336
  2. 78d5d31a00df0c9a661d39702271aebb_s
  3. 1b502570b70389c729bfadb188312a6a_s
  4. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_kubiwosimerukanojyo20140321-thumb-1000xauto-17092
  5. 11231808_818545731595541_3400158714568865570_n
  6. okamu1124

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者




RETURN TOP