【橋本武賢 公式ブログ】ファンを生み出す幸せな繁盛店の作り方

橋本の戦略はどの業態でも当てはまるのか?

この記事は2分で読めます

12400952_875014539281993_4730917506190685371_n 
こんにちは。
橋本です。
 
とても良い質問を頂きました。
 
バーとかスナックのように食事メインではなく
お酒をメインにするところでも橋本さんの戦略は通じますか?
という内容です。
 
質問内容はこちら。


============================
(略)
それは、橋本さんが仰っている内容が
「どの業態の経営者にも当てはまるのか?」ということです。
 
(中略)
 
いろんな方が【集客について】【売上アップについて】など
セミナーや本などを発行されておりますが
大抵【食事をメインとするところ】のイメージが強く
私のような【お酒をメインとするところ】での視点でどう捉えてよいのか
わからない項目があったりするのです。

今回せっかくの機会でしたので、思い切ってメールをさせていただきました。
============================
 
結論からいうと当てはまります。

なぜかというと、買うのが人間だからです。
 
もしも、食事メインの業態のお客さんが犬で
お酒メインの業態のお客さんが植物だったら通じないと思います。
 
でも買うのは人間です。
人間は感情で動きます。
だから感情を刺激してあげれば行動(来店や購入)します。
 
ものすごく分かりやすい例を出します。
 
1発で治る薬があるんだけど全然飲まない末期ガンの患者さんに
「このままではあと1週間で夜も眠れないくらい悶え苦しんで死にますよ」というと
患者さんは恐怖を感じて薬を飲みます。
 
すべては感情なんです。
 
お客さんをワクワクさせる。
そうすればお客さんは来てくれます。
 
お酒の商品名がワクワクするような商品名だったり
ドキッとする刺激的な名前なら注文が入ります。
 
クライアントの喫茶店オーナーは
「癒しの珈琲」というネーミングで珈琲を売ってます。
癒されたい人は「ああ、いいなあ」と思って買うわけです。
 
「恋人のためのマティーニ」とか
やりようはいくらでもあります。
 
「ええ!こんなにすごいものもらっちゃっていいの!?」と
思えば再来店してくれます。
(もちろん、味とサービスが良いというのが大前提ですよ)
 
ノウハウ単体で見たら一見使えないんですが、
「じゃあなんでこのノウハウが通用したのか?」
という部分を見ていくと活用できます。
 
他にも質問とかあれば遠慮なく送ってください。
すべての質問には答えられませんが
「あ、今こういうことで悩んでいるのか。
 こういうことを解決したいのか」と
メルマガを書く参考になります。
 
質問どうもありがとうございました!
 
追伸:

写真は母です!嘘です!
NOC会員になった西八王子にあるもちもち生パスタが売りのお店です。
ここもズバッと売上あげますよ!

 

メールマガジンで最新情報をいち早くお届け!





運営者プロフィール

 

20150523seminar-037-300x300橋本 武賢(はしもとたけさと)

飲食店経験ゼロから6年で4店舗年商2億円を作り上げる。

そのどれもが月商400万円〜800万円を越える超繁盛店に。

現在は現場を離れ、店舗コンサルティングを中心に活動している。

あわせて読みたい

  1. father-656734_640
  2. 12508926_1542133806097175_161744731653741349_n

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者




RETURN TOP