【橋本武賢 公式ブログ】ファンを生み出す幸せな繁盛店の作り方

適正価格の決め方

この記事は2分で読めます

こんにちは、橋本です。

 

私たちのコンサルを受けたクライアントさんは、

必ずと言っていいほど客単価がアップします。

 

それはなぜか?というお話をします。

 

12376604_1530031750640714_2201802896582268988_n

 

商品・サービスが良ければ売れる時代、終焉

 

コンサルをしていると飲食店に限らず
「安っ!」という値段で販売しているお店多いです。
 
原価を聞くと40%、50%くらいかけてます。
「なんでこんなに原価をかけるんですか?」と聞くと
「こうしないとお客さんが来ないんです」の声。
 
まず、

お客さんが来店しない理由は値段ではないです。


あなたのお店にお客さんが来店しない理由はこの2つです。
 
=====================
1.お客さんの目に止まってない
2.目に止まっても商品の魅力が伝わっていない
=====================
 
だから来店しないわけで
値段がどうのこうのじゃないんです。
 
だからしっかりとマーケティングを学ばないといけない。
今は昔と違って家から一歩も出ることなく
行きたいお店を携帯ひとつで簡単に探せる時代になりました。
 
するとどうお店のことをアピールするか?
いわばマーケティング能力が高い所にお客さんは流れるわけです。
 


そして飲食店というのはアパレルとは違って
基本1日3回しか通わない。
たくさん買うとかないわけです。
 
美容院で言えば月1回。
お客さんの数は決まっている。
 
となるとマーケティング能力が低いお店は
マーケティング能力が高いお店に
どんどんお客さんを吸い取られるわけです。
 
なので今の時代、マーケティングは必須。
美味しければ良いという考え方はもはや時代錯誤なのです。
 

どうやって適正価格を決める?


そしてじゃあ適正価格はどう決めたらいいのか?
ということなんですが、
「安さ」で呼ぶという考えを捨てる。
「安さ勝負」じゃなくて「コストパフォーマンス勝負」
という考えに切り替える。
 
「安い」というのは周りの値段と比べてどうか?という考え方。
「コストパフォーマンス」はこの質でこの値段ならありだよねという
周りではなく対商品との考え方。
 
例えば周りがハンバーグを700円で売ってます。
じゃあうちは黒毛和牛使ってるけど600円でいこう!
これはもう大変なお店。
原価圧迫して薄利多売。
 
そうじゃなくて周りは700円だけど
うちのこのクオリティなら普通2000円はする。
でもうちは1490円だぜ!
という考え方が大事なんですね。
 
 
「質の良いものを安く」が商売人だろ、
みたいな風潮があるんですが、「安く」というのは
「周りよりも安く」ではなくあくまでコストパフォーマンス。
 
そしてはじめに戻るのですが、
マーケティング能力が高ければ適正価格で売れるんです。


商品の良さをアピールできるので
一般的に比べて少々高めでも売れる。
 
でもマーケティング能力がないと
商品の良さを伝えられないから安くしないといけない。
そうなると原価が圧迫する。
呼べども呼べども儲からない。
(そもそもマーケティング能力が低いので集客すらできない)
なので薄利多売ではなく、薄利少売。

 

もはやマーケティングは店舗ビジネスの必須スキル


マーケティングって本当に大事です。
マーケティング能力さえ備わっていれば
適正価格で売って満足してもらって儲けることができるので。
 
今やマーケティング知識はインターネットを使えば
簡単に手に入る時代です。


つまり、周りのお店はどんどんマーケティングスキルを
高めているんです。
乗り遅れたら最後、どんどんお客さんを奪われます。
 
インターネットが誕生して「情報格差の時代到来」と言われました。


情報が二極化するわけですね。
知っている人、知らない人。
 
知っている人はどんどん恩恵を得られる。
知らない人はどんどん悪化してく。
もはやそういう時代。
 
今からでも遅くないのでしっかりとマーケティングを学びましょう!
 


それではまた!
 
写真は先日伺ったクライアントのお花屋さんにて。

メールマガジンで最新情報をいち早くお届け!





運営者プロフィール

 

20150523seminar-037-300x300橋本 武賢(はしもとたけさと)

飲食店経験ゼロから6年で4店舗年商2億円を作り上げる。

そのどれもが月商400万円〜800万円を越える超繁盛店に。

現在は現場を離れ、店舗コンサルティングを中心に活動している。

あわせて読みたい

  1. 20160403110652
  2. 20151121060412
  3. cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s
  4. 779bfcbb223533a1fac1ebc7363c9120_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者




RETURN TOP