【橋本武賢 公式ブログ】ファンを生み出す幸せな繁盛店の作り方

今すぐ新規客がわらわら集まる店頭看板の作り方

この記事は3分で読めます

こんにちは、橋本です。
 
今日は、
今すぐに新規のお客さんをあなたのお店に
来店させる方法をお伝えします。

 

IMG_0946

 

イマイチ集客できない2つの理由

 

いきなり確信を付いちゃいますが、

今すぐお客さんを呼び込みたいのなら
まずは、店頭看板が良いです。
 
なぜならお客さんが目の前にいるからです。
チラシだと配布まで時間がありますし
FB広告も店頭までひっぱってこないといけません。
 
店頭看板ならもう目の前にいるお客さんに
アプローチをして入店させるだけなので
すぐに効果が出ます。

おそらくあなたも店頭看板を
置いていると思います。
 
でもお客さんが来ない・・・。
それは一体なぜなのか?

 

その原因は2つあります。
 
1つ目、認知されていないから。
2つ目、認知しても興味がないから。

 
例えば店頭看板を置いていたとしても
それが目立たなければ認知されませんし、
目に入ったとしても内容がイマイチなら
素通りされてしまいます。
 
そして多くの飲食店の店頭看板は
この2つをクリアできていません。
ほとんどが商品名と値段だけですよね。
 
例えば・・・

パスタ  980円~
カプレーゼ  780円
ローストビーフ 1200円

といったような感じですよね。
商品名と価格しか判断材料がないので
価格だけで入店するかどうかが決められます。
  
もしかしたらカプレーゼが
抜群に美味しいかもしれない。
 
でもそんなことは読み手にはわからないので
「普通のカプレーゼが780円」
だと思ってしまいます。

 

どんな人に訴えかけるか?

 

ではどういう風にやっていけばいいのか?
 
まず1つ目。
ターゲットは誰なのか?
 
いきなり店頭看板を書こうとしないで下さい。
「誰に」読んでもらいたいのかを
まずは明確にしましょう。
 
ここが決まっていないとぼんやりと
「ディナーメニュー
 ~~~~ ◯◯円
 ~~~~ ◯◯円
 ~~~~ ◯◯円」
といったありきたりな内容になってしまい
誰も目に留めてくれなくなります。


ターゲットはいろいろあります。
あなたのお店の場所によっても変わってきます。
 
・この近くは食事をするところがないなぁと嘆いている人
・すぐに食べられるランチを探している人
・ママ友とおしゃべりできる場所を探している人
・がっつり食べたい人
・ゆったりと食事できる場所を探している人
・今日はちょっと贅沢に行きたいなと思っている人
・今日は仕事疲れたなぁ、ちょっと一杯飲みたいなという人

 
いろんな人がいますよね。
まずはどの人にあなたのメッセージを届けたいか?
どういった人があなたのお店の周りには多いのか?
という視点でターゲットをあぶり出して下さい。

 

どんなメッセージを投げかけるか?

 

次に2つ目。
その人たちにどんなメッセージを投げかけたら
振り向いてくれるか?を考える。

 
これがヘッドコピーになります。
ターゲットに寄り添った
メッセージを伝えていれば
ターゲットは反応します。
 
「ママ友とお茶会するならココ!」とか
「スピードランチ!」とか
「がっつり飯!」とか
 
こういった言葉を載せるだけで
ターゲットは反応します。
 
「そんな馬鹿な」と思うかもしれませんが、

例えば「飲食店オーナーが集まるお店」と看板に書いてあったら
私たちは「なんだ?」と思って看板を見ますよね。
 
これと同じなのです。
 
読み手が興味あることを書けば
読み手は反応を示してくれます。
 
今回の件名も
「今すぐ結果が出る集客法」
にしてますよね。
 
ということはこれを読んでいるあなたは
「今すぐ結果が出る集客を探している人」
ですよね。
 
もしもあなたがどこかの会社で
経理や事務をやっていたとしたら
「集客」に興味はないので
ページをクリックしなかったと思います。
 
このように読み手に興味あることを書けば
「あ、俺のための情報だ!」と
読み手は思い、足を止めてくれます。

 

お客さんに合った提案と行動を促すメッセージ

 

次にオファー(提案)です。
 
ターゲットが足を止めた、
そしたらどういう提案をしたら
入店してくれるかな?と考えてみて下さい。
 
ターゲットによっては
商品説明をした方がいい場合もあれば
店内説明をしたほうがいい場合もあります。
 
例えば会社帰りの1人客を
入店させたいのに宴会メニューの
説明をしても仕方ないですよね。
 
子持ちのママさんをターゲットにするなら
キッズスペースあります、とか
広い座敷があるのでお子様を遊ばせて
ゆっくり食事ができます、といった感じです。
 

最後に「行動を促す」です。
これをやっていないお店が非常に多いです。
 
人は何をすれば良いのか
伝えてもらわないとわからない生き物です。
 
例えば通販で
「これこれこういった商品が
 ◯◯円!」とだけ言われても
「だから何?」と思いますよね。
「欲しいんだけどどうしたらいいの?」
と思いますよね。
 
「今すぐお電話下さい」と
言われるので「よし電話するか」となります。
 
店頭看板も同じで
「入口はこちら」と
書いてあるかないかだけでも
大きな差が出ます。
 


以上の4つをやってみて下さい。
劇的に変わりますよ。
 
なぜなら、この4つをきちんと
できている飲食店は1%にも満たないからです。
 
今日、通勤する途中、
休憩時間、帰宅する間で
周りの飲食店を見て下さい。
 
どのお店も
「ラーメン780円!」
「生ビール399円!」
というような看板を出していますから。
 
その中であなただけが
集客できる看板の作り方を知っているだから
結果がでないわけがないのです。
 
誰にも気づかれずこっそり看板を変えて下さい。
あなたのお店だけにお客さんが
ワラワラやってきますから…。
 
周りのお店が閑古鳥が鳴いている中
あなたのお店だけが「忙しい忙しい」と
なりますから…。
 

まとめます。
 
1.ターゲット設定
2.メッセージ
3.オファー
4.行動を促す

 
忘れずに!
 

 

今日お話したことは実際に私のお店や、

私たちのコンサルチームに参加してくれている皆さんが

成果を実証してくれているノウハウです。

 

ちゃんとできれば必ず成果はでますよ!

 

もしも、いきなり自分独りで作るのが難しいという場合は、

ちょっと編集して誰にでもマネしてもらえるよう、

テンプレートとしてまとめた教材を作っています。

 

興味があればこちらから詳細を確認してみてください。

>> 集客スタートダッシュ!!マニュアル

 

 

それでは、いつも最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます!
 
それではまた明日!
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ~。
 

メールマガジンで最新情報をいち早くお届け!





運営者プロフィール

 

20150523seminar-037-300x300橋本 武賢(はしもとたけさと)

飲食店経験ゼロから6年で4店舗年商2億円を作り上げる。

そのどれもが月商400万円〜800万円を越える超繁盛店に。

現在は現場を離れ、店舗コンサルティングを中心に活動している。

あわせて読みたい

  1. 10309039_1538311519812737_7234322548175952572_n
  2. c2dadcab316bf4e32148db007eb12b99_s
  3. 11232176_902493656511519_1413557500643520213_n
  4. e09fc631b56ca2c4ffc6f352ca25da4d_s
  5. o0500037513379655203
  6. IMG_0946

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者




RETURN TOP