【橋本武賢 公式ブログ】ファンを生み出す幸せな繁盛店の作り方

多くのお客さんがリピートしない2つの理由

この記事は3分で読めます

 

こんにちは、橋本です。

 

今日はリピートしない2つの理由
52円の経費で4000円の売り上げをあげた
効果実証済みの解決策についてお話していきます。

 

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

 

 

個人店は、とにもかくにもリピーター命!

 

個人店にとって大事なのはリピーターです。
リピーターがいなければお店は数年で潰れます。

 

リピートする仕組みがないというのは
穴の空いたバケツに水をジャバジャバ入れている状態です。
ドボドボこぼれていつまでたってもお水はいっぱいになりません。

 

また、新規客を獲得するコストは
既存客を再来店させるコストの3倍以上かかる
言われています。

 

こういった面から考えても

リピーター作りが最も大事です。

 

ヘビーリピーターがいるということは
それだけでとんでもない財産なのです。

 

なぜならヘビーリピーターというのは
あなたのお店のファンだからです。

 

あなたのお店に友人や家族を連れてきてくれたり
良い口コミを流してくれたりします。
本人が自分の意思でやってくれるのでかかるコストは0円です。

 

ヘビーリピーターを作る仕組みがあれば
それだけで繁盛店を作ることは可能です。

 

リピート術1:思い出してもらう

 

では、今よりもさらにリピートしてもらうにはどうしたらいいのか?

 

そのためにはリピートしない2つの理由を潰せば解決します。

 

リピートしない理由の1つ目が
「あなたのお店の存在を忘れている」です。

 

私たちはお客さんのことを考えています。
「◯◯さんそろそろ来ないかなー」と。
しかしお客さんは自分のことで精一杯です。
私たちのお店のことなんて気にもかけてくれません。

 

私たちもお客さんの立場になったら同じではないですか?
「あのお店の店長元気かなー」
「あのお店の売上の調子どうかな。そろそろ行こうかな」
と考える人はとても稀だと思います。
お客さんも同じです。

 

毎日いろいろな情報がある中で
あなたのお店のことを忘れてしまいます。
だから時々思い起こしてあげる必要があります。

 

DMを送ったり
フェイスブックで交流したり
メルマガを送ったりして
忘れないようにします。

 

来店しなくても思い出してもらうだけで良いんです。

 

定期的にコンタクトを取って
忘れないでいてくれればそれで良いのです。

 

そうすればいつか必ず来てくれます。

しかし、そうは言っても商売は商売。
1年後に来てもらうよりかは
1週間後に来てもらいたいですよね。

 

そこでリピートしないもう一つの理由を潰しましょう。

 

 

リピート術2:来店動機を作りだす

 

もうひとつのリピートしない理由、

それは「再来店する理由がない」です。

 

人は行動を起こす時に必ず何かしらの理由があって行動します。

 

例えば毎朝歯を磨くのは
・口臭を防ぐ
・口の中をすっきりさせたい
・虫歯になりたくない

 

といったような理由があるから歯を磨きますよね。

 

もしも歯を磨かなくても口臭もせず
口の中が常に爽やかで虫歯にならなかったら

 

おそらく歯を磨く人はいないでしょう。

何かしらの理由があって私たちは行動します。
リピートも同じです。

 

リピートする理由がないからリピートしないのです。
だからリピートする理由を作ってあげればいいのです。

 

 

ここでちょっと余談ですが強烈に繁盛しているお店は
中毒性のある味でこの2つの理由を潰しています。

 

・忘れられない味
・あの味をもう一度食べたい(理由)

 

だから販促を何も打たなくても繁盛しているんですね。

 

もちろんこういった商品があれば最高ですが
なかなか難しいものがあります。

だからマーケティングが必要となってきます。

 

例えばスタンプカードを作れば
リピートする理由になりますよね。

 

しかしここで注意して欲しいのは
「再来店したくなるほど強烈な内容か?」ということです。

 

スタンプカードを発行したところで

特典に魅力を感じなければリピートしません。

 

例えば5回来店で「バナナの皮1枚プレゼント」
と言われたところで興味ないですよね?

 

「絶対にもう一度来たい!」

「来なければ損だ!」と

 

思う内容になっているかどうかというのが大事です。

 

どんな特典をつけるかということですが
お客さんがあっと驚くような全力投球して下さい。

 

けち臭いことはせず1食無料くらいやってあげて下さい。
その心意気に人は感動し、口コミをしてくれます。

 

お客さんの度肝を抜くようなアイデアを考え出してみてください。
そうすれば勝手に口コミが広まって繁盛していきます。

 

52円の経費で4000円の売り上げを上げた実例

 

私のクライアントさんは来るたびに毎回一つの料理をプレゼントする
スタンプカードを作ったところ
新規のお客さんが、1週間後に再度来てくれたそうです。

 

その当時のスタンプカードがこちらです。

 

客単価は4000円。

再来店させるのにかかった費用は紙代2円程度と
特典にあげたポンデケイジョというパンの原価50円程度。

いわば52円の経費で4000円の売り上げをあげたのです。

 

しかもこのお客さんはきっとまた来ると思います。

 

正直、見た目はカッコよくないですよね。
でも反応取れてるんです。

 

スタンプカードの見た目は最初はどうでもいいです。
まずは作る。
そして配布しながら徐々にデザインをカッコよくしていけばいいんです。

 

いきなり最初からかっこいいものを作ろうとして
1週間も2週間もかけてはいけません。

 

ともかく今すぐ作って下さい。
必ず反応は取れますから。
必ずリピーターが増えますから。

 

お店というのはあなたの心意気で決まります。

 

人は自分に対して大盤振る舞いしてくれる人に
好意を持ちます。
逆にケチ臭い人を遠ざけます。

 

ケチケチせず「いったれー!」くらいの
心意気で丁度良いのです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それではまた!

 

メールマガジンで最新情報をいち早くお届け!





運営者プロフィール

 

20150523seminar-037-300x300橋本 武賢(はしもとたけさと)

飲食店経験ゼロから6年で4店舗年商2億円を作り上げる。

そのどれもが月商400万円〜800万円を越える超繁盛店に。

現在は現場を離れ、店舗コンサルティングを中心に活動している。

あわせて読みたい

  1. GAK88_misebanneko-thumb-1000xauto-16235

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者




RETURN TOP